アルファードはハイブリッドにするべきか?燃費の違いを考える

2019年3月9日

アルファードはハイブリッドにするべきなんでしょうか?

ガソリン代を考えると何となくハイブリッドの方が良いような気がします。しかし車体価格を見ると非常に高額な車種ですよね。

一番安いハイブリッド車でも430万円程度からでそれにオプションを付けたり諸経費を含めると500万円近く行くのは間違いないでしょう。仮に10年乗ったとしても1年に50万円の車体価格代金となります。ローンで購入する人が多いので金利も上乗せされますし、そう考えると大変です…。

まずは燃費を把握しよう、ハイブリッドVSガソリン車

悩む前に数字で違いを把握した方が良いです。何となく高そうだ、ガソリン車の方が安いから良いかもといった印象で悩んでも仕方ないですよね。


まず実際の燃費については、

◎ハイブリッド車…11km/L前後

◎ガソリン車(2.5L)…8km/L前後

◎ガソリン車(3.5L)…8km/L前後 ※3.5Lのみハイオク仕様です


以上が平均的なざっくりとした数字になります。人によって乗り方が違いますので若干燃費の違いは出てくるでしょうが長く乗ると以上のような数値に落ち着くだろうと思われますね。

比較対象としてはハイブリッドと2.5L車が望ましいです。こちらはレギュラーガソリン仕様なので単純に燃費差で比較できます。

3.5L車はハイオク仕様なので単純には比較できないですが車体価格も税額も大きいので経済的な観点から考えると最もコストが掛かるグレードです。ここは計算しないでも問題ないでしょう。

燃費でガソリン代を計算する

今ガソリン価格は1リッターあたり140円くらいなのでその価格で計算します。

1ヶ月1000kmくらい走ることにしましょう。

1ヶ月の燃料代金

・ハイブリッド…12,727円

・2.5Lガソリン車…17,500円

4,773円の差!

1年の燃料代金

・ハイブリッド…152,724円

・2.5Lガソリン車…210,000円

57,276円の差!

そして10年間の燃料代の差は572,760円!になります。

そして車体価格の差は4WD同士を比較すると50~70万円くらいが違います。当然ですがハイブリッドの方が高いですね。

ですから変な話、元を取るとなると10年以上は掛かると思った方が良いです。

ただハイブリッドは今のところはエコカー減税などがあり税制が優遇されているので燃料代だけではないですね。ただそう考えたとしても10年は掛かると思いますね。

どういう人にハイブリッドは良いのか?

年間の走行距離が多い方はハイブリッドが良いです。

具体的に言うと年間で2万キロ走るという方はハイブリッドが良いでしょう。1万キロ前後というのが日本人の平均的な走行距離と言われているのですがその程度であれば10年以上乗らないとハイブリッドのメリットが出てきません。

年間2万キロというのは結構走っている印象です。通勤が長いとかよく長距離を走るという方であれば簡単に行きそうではあります。

皆さんも日頃どのくらい走っているのかは気にした方が良いでしょう。意外と分からないという方も多いです。

結論ですが年間2万キロ以上走るという方は迷わずハイブリッドがオススメですね♪